スポンサーリンク

iPadに保護カバー&保護シートについて、小学生からプログラム準備

etc.....
スポンサーリンク

子供に使わせている、うちのiPad もぅ、3代目。

保護カバーは、付けているが、なんせ子供が使ってる為、投げて置いたりして使用が雑です。

落としたりもするし…

 

画面なんて、シートを貼らなかったら傷だらけになりますよね。 そのシートも何回貼りなおしたことか…

そこで、保護カバーと保護シートについて調べてみました。

 

保護カバー

まず、自分のiPadのサイズがわからないといけないので、調べ方は、

設定 > 一般 > 情報 > モデル ここの英数字で検索すれば一発で出てきます

【iPadケース】

ハンドル付き衝撃吸収ケース

子どもにやさしい安心設計

ハンドルが付いているので、小さなお子さんでも持ちやすく、

落下による本体の損傷を軽減


保護シート

iPadの表面は強化プラスチックではなく、化学強化ガラスが採用されてますので、フツーの使い方ではキズはつきません。

 操作もタッチパネルが主になるので操作的にも貼らない方がよいと思います。

 

 とはいえ、小学生が乱暴に扱った結果、背面に擦り傷が付きましたので、背面(&側面)をガードするカバーはつけた方がよいです。

キーボード

今、小学校からプログラミングが始まります。

日本語入力よりローマ字入力が支流なので、

キーボードも選ぶ時代ですね。


まとめ

子供やお子さんに使わせる、iPadけして安い物じゃないですよね。

それを考えない・・・

保護カバーや保護シートを使って、大事に防護しましょう。

落としても、破損しないように・・・

MacBookならここ

コメント

タイトルとURLをコピーしました